火おこし道具をお探しなら | 舞ぎり式 弓ぎり式 手もみ式 火起こし器の販売 | ポケット

手もみ式

準備
まず、各パーツを同封の説明書どおりに組み立ててください。

※注意※

■火おこしは、必ず屋外で、まわりに燃え移るものがないところで行ってください。
(風が強い場合も火が付きにくいだけでなく、火の粉が飛び散ることがあるので、無風か微風のときにチャレンジしましょう。)
■消火のための水を用意してください。
■お子様だけで行うことは避け、大人が必ず付き添ってください。

 

火だねを作るまで(TRY-1)
 ヒキリ板を足でしっかり固定します。
 上からかぶさるようにして、ヒキリギネに体重がのるように前傾姿勢をとります。
 固定したヒキリ板のくぼみにヒキリギネの先をあてがい、キネの上部からゆっくりと両手でもみ始めます。
 このとき、速く回転させることよりも、多少遅くてもヒキリ板とヒキリギネが十分に摩擦されることを第一に回転させていきます。
 休まずに回転させると、両手はもみながら次第に下がっていきますので、意識的に下方へ移動させようとする必要はありません。
<POINT>
・両手でもみ始めるとき、十分に体重をかけることがポイントです。
・お子様や十分に体重をかけられない場合は、誰かに芯棒の上部先端にペットボトルのフタなどをあてて押してもらうなどの工夫をしましょう。
火だねを作るまで(TRY-2)
 はじめはキュッキュッと鳴っていた音がシュッシュッという音に変わり、こげ臭い匂いがしてきます。
 しばらくすると煙が出てきます。
 手もみ式の場合、煙が出てきてからが重要です。回転を弱めることなく、さらにしっかりと摩擦を加えていきましょう。黒い木の粉が落ちてV字刻みにたまっていきます。
 V字刻みに黒い木の粉があふれるぐらいになったら、さらに回転を加え続けます。
 十分だと思ったところで回転を止めます。黒い粉の中に火だねが出来ていることを確認してください。
<POINT>
・黒い木の粉が出来ても火だねになりにくいことがあるので、コツを覚えるまで何度もチャレンジしてください。
・手もみ式は両手の動きのみで回転させる方法なので、火だねが出来るまでの力の配分がポイントです。
・ヒキリ板のV字の下に紙片を置いておくと、火だねが出来たあとカンナくずへの移動が楽です。
火だねを炎にするまで(TRY-3)
ヒキリ板を火だねから、そっと離します。
紙片を取り上げて、火だねをカンナくずに移します。
火だねを消さないように、また火だねに力を与えるように息を吹きかけながら、カンナくずの中の火だねを徐々に大きくしていきます。
火だねが親指の先ぐらいに大きくなったところで、カンナくずを足して少し強く息を吹くと炎がボッと上がります。
<POINT>
・小皿などにカンナくずを一握り盛って、山の頂上に火だねが入るぐらいの穴を開けておきます。
・その中に火だねを入れたら、火だねを大きくするように息を吹きかけます。
・火だねが大きくなってきたら、少し強く息を吹きかけます。
・煙が目に入って痛くなるぐらいになったら、一気に炎にするように息を強く吹きかけます。

商品一覧

商品一覧
PAGETOP
Copyright © 有限会社 ポケット All Rights Reserved.